生まれてはじめて体験

生まれてはじめての体験というものは、なにか大きく特別な体験をするような気がしますが、 初めての体験というのはじつのところ日常にあふれているのではないでしょうか? いままで使ったことがない道具や電化製品をつかったときも初めての体験ということになりますし、 いままで食べたことがない食材などを食べた経験も 小さいことかもしれないですが生まれてはじめての体験ということになってしまうのです。

例えば子供の頃、私の周りではトマト が食べられなかったというような人が多いと思います。 昔は食べることができなかったトマトが今は美味しいと言って食べることができているわけですから、 人間は変化し続ける生き物だと改めて感じることができました。 そんな人生のなかでも節目になる経験はあります。 たとえば生まれたての子どもはいつもお母さんと一緒に過ごしますが はじめて集団生活がはじまる保育園とか幼稚園、あるいは小学校入学などは本人だけでなく ご両親にとっても初めての体験ということになります。

その後、成人してからは自分で人生を切り開くという生まれてはじめての体験の積み重ねになっていくのです。 社会人になり、やがて結婚をして女性の場合は出産というのは 新しい人間をこの世に創り出すという大きな体験になるのです。 それは女性だけしかできないことが、あまりにも大きな初めての体験ということになるのです。

その後、ご両親で子育てをしていくということになりますがこれも、 生まれたての人間を育てていくというのは、 とても大きな体験ですしそこには親の責任というものも生まれていくのです。 子は親を選べないですし、その子がどのように育っていくかは 親の信念で決まってしまいますから家庭環境が大きく左右されるともいえます。 それだけ親になるということは、たぶんそれ以上にないほど、 とても大きな体験ということになるかもしれないですね。 そこまで大きくなくとも私たちの生活の中でも生まれてはじめての体験はあふれています。 それは時代の移り変わりによって変化していくものでもあります。 たとえば電化製品などです。 いまから20年くらい前にパソコンや携帯などがこの世の中で使われるようになってきたと思いますがそれも、 生まれてはじめて使ったときはこんな便利なものがあるのかという驚きの体験とともに受け入れられたのでしょう。 携帯はいまは子どもも当たり前に持つ時代になりましたが、 いまの50代くらいの人が子供のころは伝達方法は電話のみでそれも黒電話の世代ではないでしょうか? 当時のころと比べるといまはあまりにも便利になったと思いましたが あまりに便利になったことで起こる弊害もあるようです。 さらに、ほかの白物家電とよばれるものも、大きく変化していきました。 それらを初めて使うときも初めての体験ということに上げられるのです。 つまり、そのような小さな初めて体験も、生きているかぎりずっと持続していくものなのです。 人と話すという力が衰えている気がします。 今後も世の中もっと進化しているので、車も自動で運転してもらえる時代が来るかもしれないですね。 時代とともに、生まれて初めて体験は増え続けていくのです。

詐欺被害にご注意

生まれて初めての体験というのは、喜びを与えるだけでなく混乱を招くこともあります。
例えば、今まで信頼していた相手に裏切られたり、お金を騙し取られたり…。
俗に言う結婚詐欺の被害者にあってしまうと、どんな人でも混乱してしまいます。
遭遇しないとわからない結婚詐欺師の恐怖。
結婚詐欺は相手の信用を得た後で悪意をもって金銭や物品を騙し取る行為ですが、
「自分は大丈夫」と思っている人ほど注意が必要です。
また、「詐欺に遭っているかもしれない…」と感じたら、一人で抱え込んではいけません。
信頼出来る調査員の力を借りましょう。
現在では民事で解決出来る詐欺事件も多く、金銭回収出来る手段はあります。
初めて経験する事は戸惑いもありますが、冷静に対処する方法を心得ておきましょう。